デジタコの装着義務化がもたらすもの

昨今、事業用車両には運行管理計の装着義務化が広まっています。

特に国土交通省では、デジタコの装着を推奨しているわけです。デジタコは車両の走行速度などの変化をデータとして保存できるだけでなく、安全運転に色々と寄与する機能が備わっています。ドライバーの健康管理にも役立てられるので、重大事故防止にもつながってきます。運行記録計の義務化は、車両総重量8トン以上の大型車両に加えて、総重量7トンクラスにも適用されます。

これによって、実際にトラックの車両事故の減少が見られるようになってきました。多くの事業者がデジタコを導入しており、導入後は社内の安全ルールも見直されています。運行管理計の義務化でドライバーの運行管理が図られるので、ドライバーの意識向上が図られます。運行状況を給与に反映する仕組みも登場しており、社員の安全運転意識が高まる結果も出ています。デジタコを導入することで、安全運転に対してランク付けできるようにもなります。

ドライバーが安全運転の意識が高まれば、会社全体として事故の発生を予防できるわけです。現在はクラウドタイプのデジタコも登場しており、ネット環境が整っていれば簡単に導入できます。クラウド型はドライバーの業務負担を軽減する機能が揃っています。終業報告なども自動で作成されるので、働き方改革に貢献するものです。何よりネットに接続しているので、運行管理者はリアルタイムでドライバーの状況を把握できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *