デジタコ義務化によるさまざまな効果

デジタコが義務化されてかなり時間が経過しました。

運行時の速度や走行時間・距離などを運送事業者が把握することで、事故の防止はもちろん燃料費の削減や運行管理体制の強化ひいては顧客の信頼を高めることにもつながっています。事業の効率化にとって、良い効果を確かにもたらしました。時間の経過とともに社会環境は刻々と変化しており、従来の運行管理に留まらず、より新しい技術を利用する動きも活発化しています。たとえばパソコンだけでなくスマートフォンなどの携帯端末と連携することで、事務所でなくても運転者の現状把握ができるといった方式です。

こうしたICT技術を活用すれば、ドライブレコーダーやアルコールチェッカーといった別々の情報を一括管理することもできます。一括管理に加えAI技術などを組み合わせることで、個人の運転傾向や事故に結びつきそうな場所などを事前に割り出せるでしょう。デジタコ義務化から一定年数が経ち、国は新しい技術を駆使した総合的管理を計画しており、尚いっそう時間や場所を選ばない管理を目指しています。

会社によっては既に、GPSを活用しウェブ上の地図に現在地を知らせ、危険運転があれば色が変化するなどの方式が導入しています。デジタコの義務化により、改めて運行管理体制を見直し効果を上げた会社は多いです。ウェブを介することで、会社内の運行部門だけでなく他の部門とのデーターの連携が図れますし、取引先との連携も可能です。デジタコの活用しだいで事業の効率化および事故防止はいっそう強化されるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *