義務化拡大の流れの中、改めてデジタコとは

デジタコとは、デジタルタコグラフの略で、デジタル式運行記録計のことを指します。

タコグラフは、国土交通省令の「貨物自動車運送事業輸送安全規則」により、「車両総重量が七トン以上又は最大積載量が四トン以上の普通自動車である事業用自動車」への装着と、計測された「瞬間速度、運行距離及び運行時間の法定三要素の記録及び一年間の保存」が義務化されています。当該機器は従来、アナログ式運行記録計(以下アナタコ)のみでしたが、扱いの簡便さや記録情報の拡充を図ることができるデジタル式の登場以来、導入が多くなっています。

さてこのデジタコは、単にアナタコをデジタル化したものではありません。一番の強みは、アナタコで必要であった、データの読み取りに関する専門的で長大な処理を簡略化できるところにあります。またデジタコであれば、法定三要素のみならず、エンジン回転数の記録やGPS連動などによる荷待ち時間判別の明瞭化など、これまでに無かった観点を記録することができます。アナタコに比べて改ざんも困難であり、労務管理の徹底や法令順守の確立、万一の時の多角的な挙証資料としての価値など、運送事業者と運転手双方への利益が期待されます。

昭和37(1962)年に前掲の規則により運行記録計が貸切バスや路線トラックなどに義務付けられて以来、平成の複数回の同規則改正に至る流れでは、車両総重量及び最大積載量の基準厳格化がはっきりとしており、義務化の網の目が狭まる方向に進んでいっています。さらには近年のネット販売の爆発的増大に伴うトラック輸送をはじめとした物流の増加や、インバウンド増加によるバスの需要増に加え、労働環境適正化への流れや労働生産性向上の必要性など複合的な側面からも、義務化の流れは今後一層進むと考えられます。それは、管理の容易なデジタコの導入のメリットを、より一層拡大するものともなるでしょう。

デジタコとは、デジタルタコグラフの略で、デジタル式運行記録計のことを指します。タコグラフは、国土交通省令の「貨物自動車運送事業輸送安全規則」により、「車両総重量が七トン以上又は最大積載量が四トン以上の普通自動車である事業用自動車」への装着と、計測された「瞬間速度、運行距離及び運行時間の法定三要素の記録及び一年間の保存」が義務化されています。当該機器は従来、アナログ式運行記録計(以下アナタコ)のみでしたが、扱いの簡便さや記録情報の拡充を図ることができるデジタル式の登場以来、導入が多くなっています。

さてこのデジタコは、単にアナタコをデジタル化したものではありません。一番の強みは、アナタコで必要であった、データの読み取りに関する専門的で長大な処理を簡略化できるところにあります。またデジタコであれば、法定三要素のみならず、エンジン回転数の記録やGPS連動などによる荷待ち時間判別の明瞭化など、これまでに無かった観点を記録することができます。アナタコに比べて改ざんも困難であり、労務管理の徹底や法令順守の確立、万一の時の多角的な挙証資料としての価値など、運送事業者と運転手双方への利益が期待されます。

昭和37(1962)年に前掲の規則により運行記録計が貸切バスや路線トラックなどに義務付けられて以来、平成の複数回の同規則改正に至る流れでは、車両総重量及び最大積載量の基準厳格化がはっきりとしており、義務化の網の目が狭まる方向に進んでいっています。さらには近年のネット販売の爆発的増大に伴うトラック輸送をはじめとした物流の増加や、インバウンド増加によるバスの需要増に加え、労働環境適正化への流れや労働生産性向上の必要性など複合的な側面からも、義務化の流れは今後一層進むと考えられます。それは、管理の容易なデジタコの導入のメリットを、より一層拡大するものともなるでしょう。
デジタコの義務化のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *