デジタコの義務化について

デジタコはデジタルタコグラフのことで、自動車が走行している時の速度や走行時間、距離などの情報を運転記録としてメモリーカードなどに記録する記録計のことです。

ドライバーの業務管理や安全運転への意識を向上させるために使われるなどさまざまなメリットがあり、近年急速に義務化が進んでいます。安全運転の意識の向上や業務管理の観点からデジタコの装着は義務化が進んでいます。2017年4月より施工された改正によって、装着義務の対象は車両総重量が7トン以上又は最大積載量が4トン以上の普通自動車である事業用自動車の全ての車両について義務化されました。

これにより、いわゆる4トン車の全てが対象になりました。対象になっている車に万が一デジタコが装着されていなかった場合は、運転者や運行責任者が処罰の対象となってしまいう可能性があります。また、装着はしているものの故障したままにするなど不備があった場合も処罰の対象になる可能性があるので注意が必要です。

対象の車両を運行する場合は、必ずデジタコを装着しているか、故障などの不備がないかを確認するようにしましょう。デジタコは、運行管理をするためや安全運転への意識の向上を高めるためなどの用途で活用されている記録計です。装着の義務化も急速に進められており、不備があった場合は処罰の対象になってしまう可能性もあります。そのため、運転の際には不備がないか確認をして、安全な走行をするように心がけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *