クラウド型デジタコの特徴やメリット

運送業界では定着してきているデジタコですが、従来の基本的な法定3要素を記録できるタイプはもちろん、多様な機能が搭載されたスペックの機器も登場しています。このような高スペックの機器の中では、クラウド化ができる機能がありますが、どのような特徴やメリットがあるのか確認してみましょう。まずクラウド化というのは、オンライン上にデータを保管する事ができますので、ウェブを活用して必要な時にアクセスできるというのが特徴です。デジタコと連動することによって、車両の現在位置情報や稼働状況などが記録されていき、必要なタイミングで確認できるのもメリットです。

もちろんパスワードやIDで担当者だけが閲覧できるため、外部にも漏れずに安心して運用できます。そしてメリットとして注目すべき点は、今までのメモリーカードなどのシステムであれば、ドライバーの仕事が終了してからパソコンに移動するという物理的な作業が必要となっていました。日報としての記録だけなら問題ありませんが、リアルタイムの状況などを把握する事が出来ません。こうした課題を解消するために効果的なのがクラウド型デジタコですので、運行状況を正確に把握できるというメリットに繋がります。

そしてリアルタイムで車両の状況が分かるため、何か突発的なルート変更の指示もすぐに行えるのが特徴です。もちろん万が一の事故やトラブルの場合にも、すぐに対応できますのでドライバーにとっても安全性のメリットがあります。クラウドやデジタコのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *