デジタコはクラウド型がおすすめ

近年ではネット通販の利用数が爆発的に増加していることもあり、大型トラックや中型トラックなどを利用した運送はますます需要が高まるものと考えられます。最近では運送業者の激務の状態が世間にも広まるようになりましたし、できる限り業務を効率化して従業員への負担を軽減したいと考える経営者も多いと考えられます。ドライバーにとって本業以外で負担となっているのが運転日誌などの記録ですし、マネージャーからすればどの車両が現在どこを走行しているのかを可視化できればより効率的な配送ができるようになります。これらを実現するためのツールとして近年注目されており、賢い業者の多くが既に導入しているのがクラウド型のデジタコです。

未だにアナログタコグラフを利用している業者も少なくなりと考えられますが、アナログタイプは運転データの収集作業などが手間となる上にデータを活用しにくく、従業員にとっても大きな作業負担をかけることとなります。一方でクラウド型のデジタコではボタンを押すだけで運行日誌を自動的に作成してくれますし、GPS機能を搭載している営業所から各トラックの走行状況などが簡単に確認できるなどのメリットが享受できます。またクラウド型のデジタコではドライブレコーダーと連動して利用できるものもあり、地図情報や実際の運転映像と連動させながらアイドリングや速度超過、急停止や急発進がなぜ生じてしまったのかを確認し、安全運転へ活用しやすいメリットが挙げられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *