クラウド型デジタコはドライバーにもメリットあり

デジタコもクラウド化されたものが増えています。クラウドの場合、サーバーやネットワーク機器を自社で準備する必要がありません。インターネットに接続できる機器があれば良いのです。その機器もパソコンをはじめ、タブレットやスマートフォンなどさまさまな機器で、蓄積された運行情報を確認することができます。

サーバーはクラウドサービス提供側で用意されたものを利用することになります。サーバーのメンテナンスやバージョンアップ作業を一切する必要がなく、すべてお任せであるところも良い点です。これらは管理者側のメリットであると言え、ドライバーにはあまり関係ないと言えます。しかし、トライバーにも当然メリットはあります。

クラウド型でないデジタコは、運行データが本体に保存されるため、そのデータをSDカードなどに保存し、管理者などに提出する運用が一般的です。この作業は毎日のことになるので、意外と手間のかかる作業だと言えます。クラウド型の場合、デジタコの運行データはサーバーに直接保存されます。ドライバーは何もしなくても、運行データを提出したことになるのです。

さらに、蓄積された運行データから運行日報を容易に作成できるようになっています。これらはドライバーにとって、かなりの業務負荷の軽減につながっています。ただし、良いことばかりではありません。デジタコからサーバーへ通信が発生するため、通信費が別途必要になることが多いです。

この費用が意外な盲点になることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *