デジタコのクラウド化がもたらすもの

従来使用されていたデジタコは、ローカル型が一般的でした。その際には走行中のデータはSDカードなどのメモリーカードに保存されるため、車両が無事帰社したらパソコンにカードを差し込み専用のソフトでその内容を確認する必要がありました。つまり、これまで一般的に使われていたローカル型のデジタコを使っている限り運行管理者がリアルタイムで運転手に指導や安全管理を行うことは不可能でした。そのような従来の課題を解決できる存在として近年注目を集めているのが、クラウド型のデジタコです。

なお、最近よく耳にするこのクラウドというのは、データをオンライン上に保管することでインターネットがつながる環境さえあればいつでも気軽にその内容を確認編集できるようにしてくれるシステムのことを意味します。そんなクラウド型を採用したデジタコが、近年注目を集めています。これは、これにより車両がまさに走行している最中であってもその位置情報や稼働情報が組み込まれた通信モジュールを介してインターネット上に蓄積されるため、いつでもその内容を確認できるようになるためです。なお、その情報は誰でも見られるわけではありません。

IDやパスワードを設定することで社内の中でも限られた人とのみの閲覧を許可できます。また、特別なソフトをダウンロードせずともインターネットが使える環境さえあれば導入可能なものがほとんどです。そのため、クラウドタイプのデジタコが今後ますます普及していくことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *