デジタコの価格相場はどれくらいなのか

近年運送業界タクシー業界で注目されているのがデジタコです。これはタコグラフのアナログタイプではなくデジタルタイプのタコグラフです。最近の事故の増加や運転の問題などによって国土交通省は、タコグラフの設置を全ての車に義務付けるようになりましたが、その背景にはデジタルタイプのデジタコが登場し利便性が向上しているといったものもあります。デジタルタイプであれば、クラウドなどと連携することによって全く別の場所からでも、リアルタイムでドライバーがどのような運転をしているかといったことも把握できますし事項などが起こった時にも、より正確にその状況が把握できるようになっています。

それでよって保険などが無駄にかかってしまうなどといったことも避けることができるようになり、全体的にトータルコストが下がるということが起こり得るのです。また急発進急ブレーキなどといった細かな要素まで記録することができるようにもなっているのがデジタコの特徴で、それによって無理な運転をしているようなドライバーにより適切に運転指導を行えるようにもなるため、結果的に燃費のコストが下げることができたと言ったこともよく起こっています。価格のことで不安になっている方も多いかもしれませんが、実はそれほどデジタコは高くありません。機能の数を押さえれば5万円から10万円程度の価格でも導入することが、可能です。

よく目的や経費などと相談しながら、どのような価格のデジタコが最適かということを判断していくようにするのがお勧めと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *