デジタコの価格はどれくらいが相場なのか

デジタコは運行状況などを記録する計器であるタコグラフをデジタル化したもので、ドライバーがホテルで休憩時間などをきちんと守って運転しているかといったことを把握できる機械です。安全管理や労務管理においてとても重要な機器で記録だけにとどまらずに、GPSなどを併用することによって位置情報やリアルタイムで計画を出したりすることができるようにもなってきています。年々交通事故などが増えてきているその対策として、国土交通省は大型の車両に対してタコグラフの設置を義務付けたことによって運送業界タクシー業界はこれは看過できないとても重要な要素になってきています。しかしながらデジタルタイプのものであれば、アナログタイプと違って多くの情報が記録できたり業務の効率化が図れるなるといった点からトータルコストを下げることなどができるようにもなるということが言えるのです。

しょうがなく法律で決まっているから付けるのではなく、積極的に企業をの生産性をアップさせるために設置していくということが大切と言えるでしょう。デジタコはそのぶん価格がかかってしまうというようなことがありますが、初期費用にこっから7万円程度かかるアナタコに対して、デジタコは価格が20万円程度かかってしまうといった形で倍以上の差がついてしまうということが言えます。しかしながら長い目で見ると、経費削減や労働力などがかからなくなることからトータル価格は下がる可能性は高いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *