デジタコの導入は価格の決定が大事です

車の運行時の速度や稼働時間などをデータとして記録する事ができるのがデジタコですが、義務化の流れが進んでいる事もあって普及率も上昇しているのが特徴です。義務化については貨物自動車運送事業輸送安全規則という物が2017年に改正され、車両重量が7トン以上または最大積載量が4トン以上となる車輌にタコグラフの設置が義務付けられました。現在の主流はアナログタコグラフではなくデジタコと呼ばれるデジタルタコグラフですので、導入にあたってはデジタコの購入が一般的でしょう。事業者にとってはどのラインの価格帯の機器を導入するのかが1つのポイントとなり、ニーズと効率の両面を考慮する事も大事です。

デジタコの価格相場としては10万円前後が1つの目安となりますが、ハイスペックな商品を希望する場合はこの限りではありません。ハイスペックなデジタコは法定三要素とされる部分に加えて、クラウド連携型やドライブレコーダー一体化などもありますので、業務的に必要とするケースは検討してみるのもおすすめです。一方でなるべく低価格で抑えたいという事業者の場合は、法定三要素に絞った安価なタイプの機器も選択肢になります。法定三要素は車の速度と運行時間そして運行距離となっており、この要素は最低限満たす必要があります。

これらを満たす事に絞れば低価格な物では5万円台の商品もありますので、車輌の台数などに応じて価格帯を決定するのもおすすめの方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *