クラウドデジタコを活用して業務効率化

保存媒体に記録するデジタコをインターネットに接続することで、リアルタイムの業務管理ができるようになりました。運行車両に端末装置を設置するだけで、クラウドを介して運行車両の状況把握ができるのです。お客様に一番近い車両を特定して、配車するサービスを提供できるようになります。リアルタイムな状況把握ができるので、ドライバーの運転履歴から休憩タイムを自動的に指示したり、デジタコから運転管理をすることで運転時間のオーバーを通知することもできるのです。

クラウドを利用することで、リアルタイムな運行車両管理が可能になるので業務の効率化につながります。ドライバーの安全と車両の効率化が進められます。リアルタイムな運行車両の状況を位置情報でまとめて掲示してくれるので、リアルな情報をキャッチし、ドライバーへの具体的指示を出すことができるのです。デヴァイスを設置した車両からは、走行するだけで、運転日報が作成できるのでドライバーは運転に専念することができます。

クラウドデジタコを設置することで、管理者・ドライバーともに業務の効率化が図れるとともにリアルタイムで運行状況や積載荷物の状況把握ができるので、最も効率的な車両の活用が可能となります。インターネットを利用しますからドラレコに比べて端末の設置スペースも少なくてすみます。インターネットに接続できる環境さえ整備すれば、有用な効果を得ることができ、業務はより見える化を図ることとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *