デジタコのクラウド機能を活用すれば運営もスムーズに

運送業界などで今大変重要になっているのが、タコグラフです。休憩をきちんと取っているか等と言ったことを判断するためにも大変重要ですが、最近国土交通省によって、交通事故の削減と安全な交通社会を目指して中型以上のトラックに全てに設置するように義務付けられました。タコグラフ一口に言ってもアナログタイプだけではなくて、デジタルタイプのデジタコもありこちらは大変便利です。クラウドなどと連携することによって、リアルタイムでどのような走り方をしてるから何と言ったことがすぐにわかりますし、急発進急ブレーキなどといった細かい要素もクラウドから記録されるため、無理な運転をしているようなドライバーがいれば適切な運転アドバイスなどを行うことができるようになります。

状況がすぐにわかるため新しい仕事などが入った時などにも、クラウドで誰にそれを割り当てるべきか等と言ったことを瞬時に正確に判断できるといった点でも、結果的に生産性アップにつながる可能性が高いというのが言えるのですが、問題となるのが導入の際にかかってくる費用。デジタコは大体相場として15万円から20万円程度かかるということで決して安いわけではありません。しかしながら機能などを絞り込んだことことによって、アナタコとほとんど変わらない5万円程度から導入していくことなども可能です。また国から助成金などが支給されるというようなこともありますので、そのような動きについてしっかり取っておくことがお得にデジタコを導入するポイントと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *