デジタコはクラウドの利用により機能が広がります

デジタコはタコグラフの基本的な機能のほかに様々な運行管理のための機能を網羅していることが大きな特徴となっていますか、その仕組みの中に様々な機能を盛り込むと非常に高額となってしまうため、導入に対する負担が大きくなると言う問題があります。デジタコを購入するところは運送会社等が多いため、複数台を同時に購入することが多く1台あたりの価格が高額になるとその負担も非常に大きくなることから、高機能なものを導入することは非常に難しい状況となる場合も少なくありません。そのため、安全な運行管理を行う上で非常に重要な機能であると分かっていても、これを導入することができないケースも多くなっています。この悩みを解消するために非常に効果的なものが、クラウドの利用です。

クラウドはネットワークで接続されたサーバー側に様々な処理機能を持つことができるため、デジタコ本体はこれらのセンサー的な役割を果たすだけで充分であり、本体価格を非常に安くすることができるのが特徴です。さらに、クラウドの機能を拡充させることにより本体を交換することなく機能を増やすことができる場合も多いため、サービスの環境に対する迅速な適用を行うことができるほか、よりきめ細かい運行管理を実現することも可能となります。今後様々な機能を網羅することが必要となると考えられる運行管理において、非常に重要な役割を果たすとともに、利用者の負担を軽減する上でも非常に有効な方法となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *