最近はクラウドを活用できるデジタコが増えている

タコグラフの設置は今バスやタクシー、それから運送業界で大変重要なものとなってきています。国土交通省は自己の経験や事故時の状況などを正確に把握することなどを目指して、中型以上のトラックや車両などにタコグラフの設置を義務付けるようになったのです。デジタコの導入の際にかなり費用がかかってしまうということで大きな問題となりがちではありますが、結果的に生産性アップにつながったというような事業所もたくさん出てきています。というのもクラウドと連携できるデジタルタイプであれば、アナログタイプのように読み取るための経験知識などが必要になるという側面もありますし、デジタコはクラウドと連携してリアルタイムで稼働状況などが把握できるため、新しい仕事などが入ってきたらような時にどのドライバーに割り当てるべきかなどといったことが正確に素早く判断できるといったメリットがあるためです。

また急発進や急ブレーキなどといった細かな要素にまでクラウド上に記録されるため、危険な運転をしているようなドライバーがもしいたらすごくアドバイスなどを正確に行うことができるようになり、燃費の向上のため出せるようになっているのです。価格相場としては15万円から20万円と決して安いものではありませんが、機能などを抑えることによって、あなたことほとんど変わらない5万円程度から導入も可能です。また国がデジタコの助成金などを支給するというようなケースもあるので、インターネットなどでよくその情報についてチェックしておくように心がけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *