デジタコはクラウドと上手に連携できると便利

昨今運送業界タクシー業界にとってとても重要になってきているのが、デジタコの設置です。というのも国は年々増え続けている交通事故を減らすために、中型以上のトラックにはすべて記録しなければいけないというように決めたからです。タコグラフというのは走っている速度や走り方などを細かく記録する装置で、要するにドライバがしっかり休憩が取れているかどうか等と言ったことチェックする目的でもありましたが、事故時の状況などが正確にもわかるようにはなるため、大変重要な事になってきているのです。しかも最近ではアナログタイプだけではなくて、デジタルタイプのデジタコの登場してきているため大変便利なってきているという側面があります。

デジタルタイプであればアナログタイプのようにグラフをしっかりと読み取らなければいけない経験や知識なども必要ありませんし、デジタコはクラウドによってリアルタイムで状況などがしっかりとわかるため新しく仕事が入った時の、どのドライバーに割り当てるべきか等と言ったことをとを事業者がすぐに判断できるようにも等と言った点で大きなメリットなのです。クラウドと連携することによって、全体的な生産性をアップすることができた、というような事業所も数多く現れているのが現状です。相場としては15万円程度と決して安くはありませんが、機能などを絞り込むことによって、安く導入することなども可能です。また勤務化に伴って助成金なども支給されることもありますので、クラウドに関することもインターネットでよくチェックしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *