クラウド型デジタコでリアルタイム管理

これからタコグラフを導入するなら、インターネットを活用したクラウド型デジタコがおすすめです。クラウド型デジタコなら、SDカードなどの記録媒体はもはや必要ありません。取得されたデータは全部インターネット上に蓄積されることになるので、SDカードなどを購入しなくても大丈夫です。クラウド型デジタコの一番のメリットは、リアルタイムで管理ができるようになるということでしょう。

これにより運行管理オペレーションがより簡単に効率よくできるようになるはずです。例えば、位置情報をGPSで取得して車両がどこにいるのかをオンラインの地図上でリアルタイムで把握することが可能なので、配車などがとてもやりやすくなりますし、緊急時の対処も迅速にできるようになるでしょう。クラウド型デジタコでは、いろいろと便利な機能が使えるメリットもあります。例えば、急発進・急ブレーキ・アイドリング・アクセル操作などの情報から、それぞれのドライバーの運転評価を行い順位付けできる機能を備えている機種も存在しています。

この機能を上手く活用すれば、ドライバーの運転を改善するのに大いに役立つはずです。クラウド型デジタコは他のシステムと連携することも容易で、例えば、スマートフォンと連携させてドライバーと事務所で簡単に連絡のやり取りができるようにしたりすることも不可能ではありません。ドライブレコーダーなどと連携して、事務所で走行状況をリアルタイムで把握するということもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *