クラウドタイプのデジタコを導入するメリット

デジタコはタコグラフをデジタル化したもので、従来の方法と比べて記録用紙をセットする必要がなくデータも数字として保存されますから簡単にその車両の運行状況を知ることが可能となります。タコグラフの設置義務化が拡大されたことから、業務用として使われるほとんどの車両に搭載されるようになっておりそのため様々な種類のものが登場しており選択肢が豊富です。端に設置するだけであれば最低限の機能で十分にその義務を果たすことができますが、業務効率を上げるという点においてより高機能なデジタコを選ぶというところも増えています。その高機能なデジタコの一つがクラウドタイプのもので、他にはないメリットがあるものです。

クラウドタイプというのはデータ通信を行ってインターネット上にあるサーバーでデータを管理したり分析を行うといったことができるサービスのことで、デジタコの場合には取得されたデータが利用されます。クラウドタイプではデータを受信する限りはその所在地を確認することができ、これによって車両の運行状況を確認することができるものです。また高機能なクラウドサービスであれば運行計画を効率的に作成できるようなアシスト機能が付与されていますし、車両の運行状況を正確に取得することで安全運転を換気するといったことにもつなげることができます。データ通信で情報を記録しないタイプであればデータの整理などの処理が必要となりますが、クラウドタイプのでデジタコであればそれらは不要で事務効率を高めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *