ドラレコとはどんなものなのか

ドラレコとはドライブレコーダーの略称で、自動車の車内に設置する事で運転中に起きた事を映像としてしっかり残せます。自動車で事故を起こしたときなどに、双方の証言が食い違う事も多々あってトラブルになる事があります。もし自分が正しいことを証言しても相手にそれを否定された場合は、自分の証言以外に自分の証言が正しいと立証できる証拠がないと認めてもらえません。そこで自分の言っていることが正しい証言だと立証するために、ドライブレコーダーの映像は重要です。

ドライブレコーダーにはいくつか視野角のタイプがあります。大きく分けて3種類あって、フロントカメラタイプと前後カメラタイプと360度カメラタイプに分かれています。フロントタイプのドラレコとは車の正面だけを撮影するタイプで、コスト的には一番安く取り付ける事ができます。前後カメラタイプのドラレコとは自動車の前方と後方を撮影できて、前方だけのカメラと比べるとコストがかかります。

360度カメラタイプのドラレコとは全方位を撮影できる種類になって死角がなくなりますが、コスト的には3種類で一番高くなる傾向があります。これ以外にもエンジンがかかっている間にカメラ事態を充電して、エンジンを切って停車している最中でも録画できるタイプのドラレコもあります。信号機もLEDのものが増えてきて、カメラの種類によっては信号の色をうまく撮影できない事もありますが、LEDの信号に対応しているドラレコを選ぶこともできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *