自家用車にも普及が進むドライブレコーダー

ドライブレコーダーは事故やトラブルがあった後に何が起きたのかを把握できる記録装置です。日本で普及したのは2003年頃とされており、それまでは運行記録として速度などを記録する装置が一般的でした。小型の映像記録装置が実用化されたことがきっかけで導入が進みましたが、もともと事故頻度の高い事業用車両への搭載を前提として開発されたため、自家用車への普及はなかなか進まなかったのが実情です。業務用車両についてはドライブレコーダーの導入により事故が減った、速度違反などの交通ルール違反の抑制につながったという結果からドライバーがより慎重な運転を心がけていることがわかります。

また客とのトラブルが生じたときも事実関係の解明に有効ですし、搭載していることが犯罪や迷惑行為の抑制になります。自家用車への普及はなかなか進みませんでしたが自動車事故やトラブル発生時にドライブレコーダーの映像がテレビで流れたり、あおり運転や迷惑運転が社会問題化している影響から次第にその必要性が認識され導入が進んでいます。ドライブレコーダーには種類があります。カメラと記録装置が一体となっているタイプや、一体型でもカメラレンズだけを動かすことのできるスイングタイプなどです。

取付が簡単で求めやすい価格が特徴ですが、レンズ部分を動かせるタイプだとフロントガラスの角度に合わせてカメラの向きを変えられるのでアングルもある程度自由に設定できます。バックミラーにカメラが装着されているタイプもあります。コンパクトで場所を取らないため車内がすっきりしますが一体型よりも費用がかかります。カメラと記録装置を完全に分離させたタイプもありコンパクトで場所を取らない、カメラをどこにでも取付けられるなどのメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *