ドライブレコーダーを活用しよう!

交通事故の場合には明らかに不利になる自動車の運転者は警察への説明の場合に偽りの説明をする傾向がありますが、両者とも説明を出来る状態なら良いのですが、片方の運転者が意識不明になった場合には、片方の言い分のみを聞くために相手の有利になることがほとんどでしょう。しかし、ドライブレコーダーを設置することで相手が偽っていてもドライブレコーダーの映像を見ると一目で真実が分かります。真実が明確になることによって警察も交通事故の捜査がしやすいと言えるでしょう。交通事故後に弁護士を間に入れた場合には、ドライブレコーダーの映像を弁護士に提供することによって被害弁護をしやすいと言えます。

しかし、ドライブレコーダーを設置することによって自らの失態を記録することになるためにドライブレコーダーを設置することで自らが安全運転をするようになります。安全運転は自ら意識する必要がありますが、カメラを設置して自らの落ち度を証明できる環境にすることで、安全を真剣に考えるようになるでしょう。カメラの映像は警察のみだけではなくてパソコンがあれば自分映像を見ることが可能となっており、カメラの設定もパソコン1つで自らが変更することが可能です。ですが、交通事故後には証拠隠滅の誤解を招かないためにもカメラの映像には一切触れないことが大切です。

多くのカメラは夜の撮影でもキレイに撮影することが出来ますが、安い中国産のカメラの場合には、日本の企画に適合していないため、不具合が出る場合があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *