今さら聞けないデジタルタコグラフって何?

車好きな方ならエンジンの回転数を示すタコメーターはご存じかもしれません。しかしデジタルタコグラフは、そのタコメーターとは異なる存在なので注意が必要です。タコグラフとは特に営業用のトラック車両などに搭載する装置で、運転状況を計測しログに残す役割をもっているのが特徴となります。ドライブレコーダーが運転中の風景を動画で残すのに対して、デジタルタコグラフは速度や運転距離などを記録できます。

これらのデータは事業主などもチェックできるため、安全確認や就労状況の把握に役立つわけです。当然スピードオーバーしたり、途中でサボった他に寄り道したりした場合も、わかってしまいます。このためにドライバーは運転に注意しながら、適切に業務をこなす期待が高まるのです。従来はアナログ式でしたが、ここ最近はデジタルタコグラフが浸透してきました。

アナログ式に比べて導入が容易となったほか、データがデジタルなのでPCなどで保存・共有・解析がしやすくなっています。他にもアナログに比べて多彩な機能が盛り込まれており、ドアセンサーと連動したり、煽り運転を察知できる機能もあります。また記録するだけではなく、監視しておいて異常があったら知らせるような仕組みもあるようです。従来は大型のトラックなどに装着が義務付けられていましたが、近年は中型車両にも義務が課せられており、注意が必要です。

法律に違反した場合にはペナルティもあるため、忘れないようにデジタルタコグラフを導入しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *