デジタルタコグラフの特徴や効果

デジタルタコグラフは運行記録計の一種で、事業用の一部のトラックには設置することが義務付けられている機器です。もし装着しておくべきトラックを運転する際に付けていなかった場合や、壊れていて使えなかったりしたときには違反となってしまいます。不備があった場合には白キップを切られてしまうことになるため、タコグラフの設置が義務になっている事業用のトラックには使えるような状態の運行記録計を付けておかなくてはなりません。デジタルタコグラフの場合であれば、メモリーカードに記録ができない状態になっていないか、時刻があっているかなども注意しておくべきでしょう。

様々なことが記録されるデジタルタコグラフは、ドライバーの安全意識を高めるのに役立つでしょう。長時間の連続した運転を避け、適切に休むことができるはずです。デジタル式運行記録計とも呼ばれるデジタルタコグラフは、運転をしているときの速さや車を走らせていた時間、さらに走行距離などを記録することができるようになっています。紙に記録されるアナログタイプを今でも使っている人もゼロではありませんが、時代の流れのためにデジタル式のタイプを使う人が増えています。

アナログ式の製品よりも、より多くの情報を記録できるのが、デジタルタコグラフの特徴です。さらに印刷も簡単にすることができるので、業務の効率をよくする効果も期待できます。さらにGPS機能が付いていたり急な加速や減速を記録したりすることもできる製品となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *