会社にも社員にも優しいデジタルタコグラフの魅力

デジタルタコグラフは、主に重量級のトラックに対して設置されるツールです。そう今日距離や速度、そして時間などを把握できるものであるため、そのドライバーがどういった状況で運行を行っていたのかを把握できます。道路の安全を確保するために導入が義務付けられているものであるため、事業用のトラックには設置しておいた方が無難です。こういったデジタルタコグラフの設置は、会社とドライバーの双方にメリットがあります。

まず、会社側のメリットとしてはデータの収集が容易であるという点です。基本的に、走行記録を入手するためにはそれまではドライバーの協力が不可欠でした。しかし、デジタルタコグラフを利用するとネットワークを介して情報を収集できるようになるため、ドライバーが非協力的な態度をとったとしても全く問題がありません。また、データをとるのと一緒にバックアップも確保できるという魅力があります。

クラウド上にデータが保存されますので、アクセス権限を与えられた会社の人間は誰であってもそれを管理できます。そのため、データの移し替えなどをしなくても容易に管理できます。ドライバー側の視点から見ても、長時間労働をしなくても済むようになります。走行記録がありますので、時間外労働が過多になっているときにはそれを証拠に会社側の不正を指摘できます。

特に、ドライバーは長距離輸送に伴う事故の発生も考えられますので、安全確保を第一にできるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *