デジタルタコグラフの特徴

デジタルタコグラフはデジタコとも呼ばれる機器で、自動車の運転の距離や時間などを記録することができるのが特徴です。デジタル式ではなくアナログ式のものもありますが、近年は便利で高性能なデジタル式のタコグラフが使用されることが増えています。デジタルタコグラフを含む運行記録計は、事業用のトラックでは装着することが義務付けられていることがある機器です。以前から事業用の総重量8トン以上のトラックや積載量5トンのトラックは、付けなくてはならない義務がありました。

しかしその後、総重量7トンのトラックや最大積載量4トンのトラックの場合も、事業用の場合には義務付けられるようになったといういきさつがあります。アナログ式のものに比べると、デジタルタコグラフは高機能であるため様々な点で記録を残すことができるのが特徴です。例えばドアの開け閉めも記録に残るため、ドライバーにとっては細かいところまで行動を把握されることに対して違和感がある場合もあります。しかしその反面、安全運転に対しての意識が高まるというメリットがあります。

デジタルタコグラフを使用していると長時間、運転をし続けることなく適切な休憩をとることになるでしょう。そのため疲れによって事故を起こしてしまうリスクを減らすことができるはずです。タコグラフは装着が義務付けられているトラックを運転する際には、常に取り付けておく必要があります。もし不備があれば違法なので白キップを切られることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *