デジタコの導入をおすすめする理由について

最近タクシー業界は運送業界で、タコグラフの設置が注目されていることはご存知でしょうか。これはドライバーの走行記録など表示する機能ですが、最近中型以上のトラック全てに設置が義務づけられるようになりました。近年増え続ける事故の防止や事故時の状況などを正確に把握するため、に国土交通省が決定することになったのです。そうした決定は導入費用などの面を考えると確かにマイナス部分もないことはないですが、現在は大変タコグラフの機能が上がってきているため、導入によって、売上アップなどを目指す改善の一つにもなり得るという側面があることは間違いなく言えます。

円盤状の紙を機器に挿入して測定するアナログタイプのアナタコではなくて、現在はパソコン上にデータとして保存されるようになるデジタコも登場してきていて大変利便性が向上しているのです。しっかりとデータを読み取るための知識なども必要なくなりますし、いちいちそれを日誌などに記さなければいけないといった手間も減ることができるようになります。またクラウドなるとと連携することによって、デジタコでリアルタイムでドライバーの状況がわかるため急な仕事の依頼などが入った時などにも誰に割り振るべきかと言ったことが、的確に判断することができるようにもなるのです。義務化に伴ってデジタコ導入の助成金などを支払う動きなどもありますので、よくインターネットでそうした情報をチェックすることで、できるだけお得に導入を進めていくように心がけていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *