毎日の生産性を上げるならデジタコの導入

運送業界のタクシー業界に勤めている人であれば、最近中型以上のとなくて、既にタコグラフの設置を義務付けられたというニュースはご存知かもしれません。年々増え続ける事故を少なくするために、国土交通省が改めてそのルールについて考え直すというようなことになったのですが、打ち方した決定は事業運営者にとっては導入費用などの面から問題となりがちではありますが、逆に事業全体の改善のきっかけにもなるという面があることは間違いなく言えます。というのも最近はタコグラフがアナログタイプだけではなくて、デジタルタイプのデジタコも登場し、利便性がかなり向上しているということで評判になっているからです。これはパソコンなどにデータとして走行記憶が残っていくようになるため、アナタコでありがちだった読み取るための労力などが必要なくなるといった点でメリットが多いですし、いちいちそれを日誌に書き写さなければいけないと言ったようなことも必要なくなります。

またクラウドなどと連携することによって、データを共有することができいつでもどこでもアクセスすることができるため、ドライバーの状況などを把握するのが大変スピーディーにできるようになっているのです。デジタコは一台当たりの価格相場は大体15万円程度となっていますが、機能などを上手に絞り込むことで5万円程度からも可能です。しっかりインターネットなどを活用して、最適なデジタコを設置できるように心掛けていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *