格安SIMを解約するときに確認すべきこと - 格安SIMとはなにか

格安SIMを解約するときに確認すべきこと

subpage01

格安SIMを解約する場合、一般的な手順はどうなっているのでしょうか。



まず、解約自体は簡単でほとんどの場合、サービスを提供しているサイトにログインをし、解約の申し込みを行えばそれで終わりです。
ただ、契約によっては解約前に確認すべきこと、そして解約後に行うことがあるので注意しなければなりません。
まず解約前に確認すべきことですが、最低利用期間を満たしているかどうかです。

データ通信専用simの場合は一ヶ月、音声電話もできるsimの場合は一年間設定されていることが多いので、できればこの期間を超えてから解約を行うようにしましょう。
そうすれば違約金を支払わずに済みます。

なんらかの理由があって違約金を払ってでも解約したいという場合は、違約金の金額を確認してから解約手続きを行うようにしましょう。

データ通信専用simの違約金よりも、音声電話ができるsimの方が高額になります。



解約後に行うこととして挙げられるのが、格安SIMの返還です。

SIMは携帯キャリアからのレンタル品であり、本来、契約終了後は返さなければなりません。

ただ、規約の中でSIMを返さなくても特にペナルティを設けていない会社と、SIMを返さない場合は違約金を請求する会社があります。



契約していた格安SIMサービスがSIMの返還を必須としていた場合は、変換先を確認して郵便で送るようにしましょう。この場合、もちろん送料はユーザーが負担することになります。